レンタルサーバーの比較と感想のブログ

【初心者】結論を記事のタイトルにして「PREP法」で書くこと!

タイトルを結論にして記事を書く!【PREP法】がおすすめ

ブログを始めたけど、いろいろありすぎて、迷ってしまって記事が書けない!

初心者だと、どうやって書けばいいか?

何を書いたらいいのか?

分からないことだらけだと思います。

 

そんなアナタの疑問にお答えします。

 

検索されるキーワードを選定する

 

タイトルのにキーワード入れる

 

30文字程度のタイトルを書く

 

初心者なら、【結論】を記事のタイトルにする

【結論】を記事のタイトルにします。

【理由】【具体例】【まとめ】を見出しにします。

 

 

最初に、タイトルと見出しを決めると、タイトルと内容がズレないんです。

 

記事をとき気をつけること

  • 30文字を目安に改行する
  • 思う、かもしれないをやめ、言い切る
  • 言い切れないことは、書かない
  • 画像、箇条書き、吹き出しで分かりやすく
  • 文字装飾は、種類は少なくていい

 

ブログを10カ月ほどやっています。

 

タイトルと内容がズレてたんです。

 

最初にタイトルを書くことにしたんです。

 



結論 ⇒ 理由 ⇒ 具体例 ⇒ まとめ(結論)

ブログ初心者など、記事を書くことに慣れていない。

そんな人は、簡単なPREP法に基づいて記事を書くのがおすすめです。

慣れるまは書きくいですが、慣れれば問題ありません。

 

① 結論  Point

結論をタイトルにします。

タイトルは、30文字程度にします。

 

② 理由  Reason

理由は見出しにします。

最初にタイトルを決めることで、タイトルにそった記事を書くことができます。

 

③ 具体例  Example

この記事は、最初にタイトルを決めました。

次に、見出しを決め、記事を書いています。

検索結果で上位表示しないかも?ですが、

書くべきことが明確になり書きやすいんです。

 

④ まとめ  Point

最初にタイトルを決めると書きやすくなります。

タイトルと内容がズレなくなります。

 

検索キーワードの記事をPREP法で書く

書きたい記事と読者が読みたい記事は違います。

書きたいことを書いたら、永久にアクセスがありません。

だから、読者が読みたい記事を書きましょう!

 

 

PREP法なら、初心者でも簡単に書けます。

 

最初は書きにくくても、すぐに慣れます。

 

慣れれば、早く書けるようになります。