ConoHa WINGの5つのメリットと2つのデメリットと感想

2020年11月2日

スポンサーリンク


ConoHa WINGの5つのメリットと2つのデメリット

国内最速のレンタルサーバーのConoHa WINGです。

アダルト不可でいいのなら、いま契約するならConoHa WINGが一番だと思います。

月額640円~と格安といっていいくらいの料金なんです。

しかも、圧倒的なスピードで国内No.1!とあります。

実績と安定のエックスサーバー、アダルト可のmixhostでもいいと思います。

アダルト系はやらないのなら、コスパがよく高速のConoHa WINGでしょう!

いま申し込むなら、一番おすすめです。

エックスサーバーやmixhost から引っ越す必要はありませんけどね。

 

メリット

  1. 国内No.1の表示速度
  2. 月額640円~とコスパがいい!
  3. 最新のサーバーで速さと安定性を両立
  4. 無料の自動バックアップがある
  5. WordPressの簡単インストール

 

デメリット

  1. 「WINGパック」にすればいいんだけど分かりにくい。
  2. 通常の時間単位の料金って必要なのだろうか?

 

 

サーバーの機能とコスパなら、ConoHa WING

 

エックスサーバーには実績があり、mixhostはアダルト可なんです。

cPanelでなく独自開発の管理画面

cPanelを採用しているレンタルサーバーが増えています。

mixhostやColorfulBoxは、コントロールパネルにcPanelを採用しています。

独自開発の管理画面のほうが初心者だと使いやすいと思います。

 

ConoHa WINGの特徴

  • ワードプレスが簡単に始められる
  • 表示速度が国内最速であること
  • 高機能でコスパが高いサーバー

 

ConoHa WINGは、独自開発の管理画面です。

 

コスパが一番いいサーバーです。

 

ベーシックプランがおすすめ!

国内最速レンタルサーバーのConoHa WINGは、最下位のベーシックプランでも60個のデータベースを作成できます。

ベーシックプランの転送量は、4.5TB/月です。

レンタルサーバーの機能やコスパなら、ConoHa WINGが一番いい。

 

独自開発の管理画面を採用

ConoHa WINGは、独自開発の管理画面ですので、初心者でも使いやすいと思います。

エックスサーバーも独自のコントロールパネルを採用しています。

 

このブログは、mixhostのクイックスタートで始めました。

ConoHa WINGの機能一覧

ConoHa WINGのプラン別のサーバー機能一覧です。  

  ベーシック スタンダード プレミアム
初期費用 無料 無料 無料
通常料金 1200円/月 2400円/月 4800円/月
WINGパック料金 800円/月~ 1750円/月~ 3500円/月~
容量 SSD 250GB SSD 350GB SSD 450GB
RAID構成 RAID10 RAID10 RAID10
転送量 4.5TB/月 5.5TB/月 6TB/月
データベース 60個 80個 100個
Webサーバー Apache + NGINX Apache + NGINX Apache + NGINX
バックアップ 標準搭載 標準搭載 標準搭載

 

プランの種類

ベーシック

スタンダード

プレミアム

初期費用

ベーシック : 無料

スタンダード : 無料

プレミアム : 無料  

通常料金

ベーシック : 1200円/月

スタンダード : 2400円/月

プレミアム : 4800円/月

WINGパック料金

ベーシック : 800円/月~

スタンダード : 1750円/月~

プレミアム : 3500円/月~

ディスク容量

ベーシック : SSD 250GB

スタンダード : SSD 350GB

プレミアム : SSD 450GB

RAID構成

ベーシック : RAID10

スタンダード : RAID10

プレミアム : RAID10

転送量

ベーシック : 4.5TB/月

スタンダード : 5.5TB/月

プレミアム : 6TB/月

データベース数

ベーシック : 60個

スタンダード : 80個

プレミアム : 100個

Webサーバー

ベーシック : Apache + NGINX

スタンダード : Apache + NGINX

プレミアム : Apache + NGINX

自動バックアップ

ベーシック : 標準搭載

スタンダード : 標準搭載

プレミアム : 標準搭載